Deep Core System7で仮想通貨が稼げるって話し本当?

仮想通貨がとても盛り上がっていますが、このままずっと伸びていく訳ではなくいつかは下がってしまう事が予想されます。

仮想通貨が話題になっている今、仮想通貨を扱った情報商材がとても多く感じますね。

商材を販売する方も「今がチャンス!」と思って仮想通貨に関する商材を出していますが、どれもこれも怪しいものばかり。一体どの商材が本物なのでしょうか?

さて今回お話ししたいのは「Deep Core System7」についてです。

このDeep Core System7は仮想通貨に関する商材らしいのですが、一体どのような商品なのでしょうか?

簡単に説明したいと思いますので、興味がある方は最後まで読んでみてくださいね。

Deep Core System7って何?

Deep Core System7(ディープコアシステム7)は仮想通貨や現金を自動売買して稼ぐと言うものになります。

自動で稼ぐので仮想通貨の知識は必要ないと謳っています。

LPには10万円を3年4ヶ月で1億5000万以上のお金を稼げたと言っています。

これが本当ならとても凄いことですよね。

そんなにお金持ちになったら働かなくても生活できる。夢のようなお話です。

 

それをなんと無料で私たちに提供してくれると言っています。どんだけ太っ腹の方なんでしょうか?

って思うかもしれませんが「ただより高いものはありません」

これは無料オファーと言って見込み客を集めるために集客しています。

 

なぜ集客するのかと言うと、バックエンド商品が待ち構えているからです。

結局はビジネスですので、あなたに無料で提供するものはそこまで価値がありません。

 

Deep Core System7も実際どんな動きをするか分からないですし、怪しい点がたくさんあります。

 

Deep Core System7を使って稼げるのか?


Deep Core System7は自動売買して稼ぐと言うものですが、本当にほったらかしにしてるだけで稼げるのでしょうか?

私の意見は「ほったらかしにしていても稼ぐ事が出来ない」と思っています。

 

おそらく自動売買はいくらかお金を入れないと動いてくれません。

最低いくらか入れないと動いてくれない仕組みになっていますので、お金を入れますがそのお金でトレードしても
絶対に勝てる訳ではないので、負けてしまうこともあります。

最低いくら入れればいいのか分かりませんが、1万、2万ではなく10万近く入れないと動かないのかなと思っています。

 

そして確実に勝てる訳ではなく負けたらまたお金を入れないといけないので、追加投資になる訳です。

 

ある程度資金に余裕があればいいですが、そんなに投資に回せるお金って少ないですよね。

結局買っても、それ以上に負ければ段々減っていきますので、自動売買だけで勝てる可能性は低いのです。

どうしても追加投資になっていく事が予想されますので、稼ぐどころかお金がどんどんなくなっていくのではないでしょうか?

 

あまりにもリスクが高すぎるので、Deep Core System7を使わない方が良いと思います。

 

もう一つ可能性としては、無料でDeep Core System7を提供してくれるが、動かないケースも考えられます。

Deep Core System7を動かすにはバックエンド商品を買わないといけない場合も予想されますのであまり信用できないのが本音です。

 

そんなに稼げるのであれば、私たちに無料で提供しないで自分で使えば良いと思いますが、なぜ私たちに無料で提供するのでしょうか?

お金を持っていれば、商材なんで販売しなくても良いはずです。

販売すると言うことは、お金がないからお金を稼ぐために販売しているのでしょう。

 

もし私がこのDeep Core System7で大金を稼げているなら、他の人に教えようとはせず自分だけで使いますけどね笑

販売会社バリューブレインが絡んでいる


Deep Core System7の特商を見てみると販売会社が「株式会社バリューブレイン」と言う会社である事が分かりました。

株式会社バリューブレインは過去にたくさんの商材を販売している会社です。

ネットで検索をしてもらえれば分かると思いますが、このバリューブレインの口コミが良くありませんし、詐欺な商材ばかり販売している事が分かります。

それなのであまり信用が出来ませんし、3年4ヶ月で1億5000万以上稼いだ話がどうも胡散臭く感じます。

株式会社バリューブレインが関わっている商材は手を引いた方が良いと個人的に思っていますが、もしDeep Core System7を使ってみたいなら最終的な決断はあなたですので十分に検討してほしいと思います。

騙されてからでは遅いですからね。

仮想通貨案件が多いから注意!


最近仮想通貨の話題が凄いですが、これに伴って仮想通貨の商材がたくさん出ています。

自動売買ツールなどを使って稼ぐ手法が出てきていますが、仮想通貨自体、投資なので100%勝てる訳ではないので誇大広告に十分に気をつけてほしいと思います。

誇大広告とは「毎月300万絶対に稼げる」「100%勝てる投資」などです。

ネットに疎い方や情弱の方は騙されてしまうかもしれませんが、このような言葉はあなたを騙すために使っていますので
実際には稼げない事が多いのです。

LPをみると「これは稼げそう!」と思ってしまいますが手を出さない方が賢明です。

ぶっちゃけ言いますと情報商材には詐欺なものがほとんどなので、商材自体買うことをオススメしません。

商材の口コミをみると分かりますが、詐欺に遭われた方がたくさんいます。

自分は詐欺に遭わないと思っていても、いつの間にか詐欺に遭っていたとなることもあり後悔するパターンがとても多いです。

私の周りも商材で騙された方がたくさんいますので、あなたには詐欺に遭って欲しくありません。

何回も言うようですが、情報商材自体に気をつけてほしいと思います。

騙された時の対応の仕方


これまでに商材についてお話しました。

そして商材は危ないと言うこともお伝えしました。

こんなに口を酸っぱくして商材は危ないと言いましたがうっかり商材に騙されてしまった方もいることでしょう。

そんな時はどうすれば良いのかお伝えしますので、参考にしてみてください。

消費生活センターに連絡をする

消費生活センターは消費でトラブルに遭った際に利用できる場所です。

商材で詐欺に遭った場合は、消費生活センターに駆け込んでみましょう。

もしかすると消費生活センターの方が販売業者と直接やり取りをしてくれ
返金してもらえるケースがあります。

自分一人ではなんとかならないことも消費生活センターの方に相談をすることで解決できるかもしれませんので
利用してみると良いでしょう。

返金をしてもらえる可能性はありますが、100%ではないのであまり期待をしないように。

何故ならば販売業者に返金を促すだけで、返金を強制する事が出来ないからです。

販売業者が「嫌だ」と言えば返金してもらえません。

ですが可能性はゼロではありませんので、消費生活センターに相談してみてほしいと思います。

消費者庁に連絡をする

消費者庁は消費生活センターと違い、返金を強制する事ができます。

返金を強制する事が出来るなら消費生活センターより「消費者庁の方が良いかも」と思うかもしれませんが
消費者庁はすぐに動いてくれません。

被害者が多数いないと動いてくれませんので、あなただけ被害に遭っても販売業者とやり取りをしてくれないのです。

ですがもしかするとあなた以外に被害に遭われた方がいるかもしれませんし、これからどう対応していけば良いのかを教えてくれますので、一応相談に行くことをオススメします。

弁護士に連絡をする

弁護士に連絡をし詐欺に遭ったことを伝え、弁護士に依頼する方法もあります。

依頼をすることで早急に解決できると思いますが、弁護士費用がかかってきますのでお財布と相談してみると良いでしょう。

弁護士費用は弁護士によって違うので、どのくらいかかるか聞いておくと良いかもしれませんね。

裁判を起こしたとしても、弁護士費用が高額なら裁判を起こす意味もなくなってきますので、自分の手元にどのくらいお金が戻ってくるかを相談してみると良いでしょう。

相談は弁護士によって、無料、有料とあるので、できるだけ節約をしたいなら無料をオススメします。

無料と有料の違いはありませんので、なるべく無料相談を利用してほしいと思います。

弁護士費用を立て替えてくれる法テラスを利用する

法テラスは法に関するトラブル、弁護士の紹介をしてくれる機関です。

経済的に余裕がない方に向けて造られた機関ですので、お金に心配のある方は利用してみてはいかがでしょうか?

そのほかにも、民事法律扶助と言う制度があり、弁護士費用を立て替えてくれる場合があります。

弁護士費用は高額なので、このような制度を使えるってとても便利ですよね。

なお、団体、法人の方は利用できません。

とても便利な民事法律扶助ですが、民事法律扶助を受けるには一定の条件をクリアしないといけません。

毎月の収入はどのくらいか、資産はどれくらいあるのか、裁判で勝てるかどうか。

これらの条件をクリアすると、民事法律扶助を行なってくれます。

詳しくは法テラスのホームページや直接連絡を取って確認してみると良いでしょう。

弁護士費用を立て替えてくれるなら日々の生活も楽になりますよね。

騙された時は集団訴訟も検討してみる

弁護士費用が払えない方はたくさんいるので、最終的には集団訴訟をしようとする方がとても多いです。

集団訴訟は一人ではなく、同じ人に同じ案件で被害に遭われた方と訴訟をすることになります。

集団訴訟をするメリットは、弁護士費用がとても安くなると言うことです。

一人で訴訟をする場合は、弁護士費用を全額自分で払いますが、集団訴訟の場合は被害に遭われた方、全員で負担することになりますので、一人当たりの負担がとても軽くなります。

参加者が多ければ多いほど、弁護士費用が安くなると言うことです。

ほかにも、集団訴訟の場合は、証拠を共有できるメリットがあります。

同じ被害者の証拠を自分の証拠として使えるため、証拠がたくさん集まりやすくなるのです。

ですから集団訴訟はメリットがたくさんある訴訟なのです。

そしてこれから集団訴訟をしたいと考えているのなら「MatoMa」と言うサイトを利用してみると良いでしょう。

「MatoMa」は集団訴訟のプラットフォームでこれから集団訴訟をしたい方が集まっています。

もしこれから集団訴訟をしたいなら「MatoMa」を使って集団訴訟する方を集めてみると良いでしょう。

この「MatoMa」は無料で使えますので、ぜひ利用して集団訴訟をしてほしいと思います。

まとめ

いかがでしたか今回はDeep Core System7(ディープコアシステム7)についてお話ししました。

仮想通貨が流行っているからこそ、このような商材がたくさん出ているので、詐欺に遭わないように気をつけてほしいと思います。

まとめると

  • Deep Core System7(ディープコアシステム7)は仮想通貨や現金を自動売買して稼ぐと言うもの
  • 「ほったらかしにしていても稼ぐ事が出来ない」と個人的に思う
  • 自動売買だけで勝てる可能性は低い
  • 「株式会社バリューブレイン」は過去の商材をみると詐欺なものが多いので信用できない
  • 仮想通貨が流行ってから仮想通貨の詐欺が多いので気をつけなければならない
  • 誇大広告には注意すること、一番は情報商材を買わないようにすること
  • もし騙された時は集団訴訟を検討してみる。「MatoMa」を利用し集団訴訟に参加する

このようにまとめてみました。

商材詐欺が多く、どれも信用できるものでありませんので商材を買わないことをオススメします。

騙されたと後悔しないように十分に気をつけてくださいね。

この記事が参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です