リアルドラゴン桜・泉忠司の妻の全貌を語る

泉忠司さんはリアルドラゴン桜と呼ばれ、週に25コマと担当するほどの人気ぶりから「カリスマ大学講師」とよばれています。

その活動は様々なもので、偏差値30から全国模試一位までのぼりつめたところからはじまります。

地元、香川県高松市の県立高校に通い、横浜の市立大学に入学した後、ケンブリッジ大学に入学し、イギリス文学を専門とする大学講師をする一方で、受験参考書や恋愛小説、ビジネス本を出版して、ベストセラー作家に。

累計発行部数は300万部超、さらには「あらいぐまラスカル」特別広報部長や多くの大手企業の役員や顧問として、経営コンサルティングや戦略的プロデュースをもおこなっています。

ネットビジネス業界でも有名で仮想通貨「ノアコイン」でも数億円以上を稼ぎ出していたり、泉忠司さん主宰するビジネスセミナーは毎回、満員。

高額塾もおこなうかたわら、俳優業でも活躍しているといったまさにボーダーレスで多岐に渡る多彩なめんをお持ちの泉忠司さん。

各業界ではしらないひとがいないのではないかという有名っぷりですが、泉忠司さんのプライベートはどのようなものになっているのでしょうか?

女性にも人気な泉忠司さんに人生の伴侶(妻)はいるのか、調べました。

今回は返金問題が解決できると話題になっているMatoMaをご紹介します!

とても簡単にWEB上で集団訴訟ができるサイトみたいです。

今見ている方の周りでもそういった返金被害に遭われている方がいればご紹介してあげてください。

集団訴訟プラットフォームMatoMa

1. リアルドラゴン桜・泉忠司の結婚観

各方面でボーダーレスに活躍している泉忠司さんですが、その成功者の結婚観がとても気になります。

「やりたいと思ったことで、実現しなかったことは何もない」と語る泉忠司さんですが、自身の成功する術を結婚観と照らし合わせてみました。

「背が低い人が成功するという仮説ですが、正しいと思いますよ。実際、億万長者に小柄な人は多い。皆共通するのはエネルギーに満ち溢れていること。ポジティブで完全に振り切っています。実際、背が低いことでマイナスなことは何ひとつありませんから」

と語っている泉忠司さんは身長が160センチと、その顔や活躍からは想像がしがたい身長の低さに驚きを隠せません。

写真でみている限りは長身細身のタイプだと思っていたのですが、160センチしかないそうです。

小学校の時も、整列すれば一番前。「チビ」とからかわれることもあったそうですが、本人はまったくきにすることなく「だから?」としか思わなく、むしろ「チビなおかげで足が速い」「チビなおかげでフットワークが軽い」「最前列サイコー! 組み体操は一番上! ラッキー!」と思っていたそうです。

「成功者に共通する考え方はすべてを肯定的にとらえること。」といい、そこには絶対的な自信が必要で、その自信には根拠などいらないと断言していて、

「世の中はすべて自分がどう考えるかという“解釈”にすぎず、唯一絶対の答えなんてないんです。160cmという身長、事実は変えられないが、その解釈は変えられる。」と語っています。

たしかに、泉忠司さんといえば、発想の転換を得意のように思いますので、小さなころからそのセンスがあったのでしょう。

「自分自身が自分の人生の支配者が成功の秘訣。成功するひと、成功しているひとは「自分がそのとき、一番欲しい」と思うもの”だけ”を取りいけるひとであり、それをできていない人は多いんだそうです。

目標のゴールを設定していてもまわりの意見に左右されてしまい、2番3番を捨てられない人が大体だといいます。

価値観は人それぞれあるものだから他人に惑わされていても、自分自身をもつことが大事であると力説されています。

泉忠司さんは昔、付き合っていた彼女に「唯一の欠点は身長」で「背が小さくなければ完璧なのに」と言われたことがあるそうですが、

そんなことを言われても「それを差し引いたとしても、俺がいいんでしょ」とおもっていたという自信の持ちようです。

しかしそれを自分の失敗の決定要因にするかどうかは自分次第なんだそうです。

こうしたことから、泉忠司さんの結婚観というのは自分のだいじなものを選び、周りに惑わされずに「そのとき、一番ほしいもの」を手にするというかんじなんでしょうね。

2.リアルドラゴン桜・泉忠司と女性

泉忠司さんのプライベートな情報は実はあまり多く公表されていません。

最近では滅多にその情報や噂もないようですが、昔の彼女に「身長が低いことだけが唯一の欠点」「背が小さくなければ完璧」といわれてるくらいなので、頭もキレているし、掲示板では「イケメン」だと呼ばれていることからモテる人なんだとおもいます。

ツイッターでおもしろいツイートがあり「3度目の結婚記念日。「どこ行くの?」「黙ってついて来い!」鮨屋のカウンターで乾杯。親父が握る中トロを見ながら、無意識に、妻の小皿に醤油を注す。しまった。妻の顔色を伺う。よかった、何とも思っていないようだ。「はいおまち!」「あなた浮気してるわね」脂汗が吹き出した。」というものがありました。

これをみて、本人のことなら、浮気するほどモテるということになりますね。

2-1.泉忠司の人生を左右した高校時代の彼女

2-1-1.泉さんの人生に大きな影響を与えた存在

泉さんは、彼女との出会いの頃のことをこう言われています。『高校時代の彼女が「スケバン」だった。

その彼女に惚れぬいたから不良仲間になった。』ということです。と言われているのです。

彼女ついての詳しい話は明らかにされていませんが、「スケバン美人」だったことは想像できます。惚れた彼女が「スケバン」だから自分も不良仲間に入る・・・これは泉さんの思い切った決断力が並外れているともいえますね。

また、上述のように、泉忠司さんは笑い話のように「浮気を匂わせてしまう自らの失態」を妻に暴露されたのです。

こういう失態も彼が女性にモテる一因になっているのではないでしょうか。

さて、彼がモテることは、その容姿や雰囲気、そして妻に対する失態のように少し抜けている(?)ことからも伝わってきます。

では、泉さんが「偏差値30から全国模試1位を獲得した」時に、彼の人生に大きく影響を与えたといわれる彼女の存在はどれほどのものだったかについてみていきます。

高校時代の彼女との付き合いについては明らかにはされていませんが、不良仲間の中でも認められていたことが想像できます。

彼の並外れた決断力や行動力については、あまり好ましくはないですが、不良行動でもその力が発揮されたことでしょう。

二人が中心になってその仲間を動かしていたということになるでしょう。

2-1-2.泉さんの一途さは並外れている!

泉さんにとってみても、高校時代の自分自身を支えてくれたのが「彼女」であることは十分理解されていたことでしょう。

「彼女がいたからここまでできた」という思いをもたれ、その彼女の「そばにいてほしい」という思いを100%受け入れたということです。

彼女への感謝の気持ちとも言えます。

泉さんが惚れぬいた彼女が今度は泉さんに惚れたという相思相愛の関係として高校時代を過ごされたといえます。

時には彼女とのデートで高校に行かない日もあったようで、成績も彼女と共に後ろから数えて1、2番だったそうです。

このような状況から、泉さんが一人の女性に対して思いをかなり強くする性格やその一途さも見えます。

泉さんが女性にモテる理由については後述しますが、こういう女性に対する性格が高校時代から持ち合わせていたとも言えます。

彼女との付き合いは、高校2年の秋だということですが、東大受験を左右した彼女の存在は、泉さんにとって非常に大きかったといえます。

2-1-3.彼女と別れて泉さんは変わった

高校2年生の秋、泉さんは彼女と別れます。

それをきっかけに勉強をして「全国模試1位」まで成績を上げたのです。

高校時代付き合った彼女は、泉さんの変貌ぶりも見ておられるでしょう。

泉さんの「死に物狂いの努力」をそばで見てきているということになります。

偏差値30時代の彼に惚れて、東大を狙えるまでになった彼にもあらためて惚れ直したということでしょう。

2-2.リアルドラゴン桜・泉さんの妻

奥さんはどんなひとなのかもきになりましたが、奥さんについても公表がありません。

むかしのツイートでは「長男が小学生になった時、妻が待望の第二子を身ごもった。

今度こそ念願の女の子だ。私も妻も長男も毎日のように女の子の名前を考えた。

期待に胸を膨らませ妻に付き添った五ヶ月目の検診。「男の子ですね」「えっ…」落ち込んだ私の手を長男がそっと握り「弟か、嬉しいね」と微笑んだ。」とあり、奥様・お子さんがいるような印象を受けました。

しかもお子さんは2人で男兄弟のようですね!

2-3.リアルドラゴン桜・泉忠司さんの母

さらにこのマルチで活躍するボーダーレスな泉忠司さんを生んだお母さんも気になります。

調べてみると泉忠司さんは自身の動画の中で生い立ちが語らうシーンがあるそうですが、その場にお母さんが登場してくるのです。

そして、お母さんの登場で、数々の感謝を語り、涙する場面も。さらにお母さんの前で誓いと覚悟を宣言しています。

貧乏な家庭環境だったというだったという泉忠司さんも思いが込みあがってくるものがあったのでしょう。

3.泉忠司が女性にモテる理由は?

3-1.泉忠司の女性への思い

泉忠司さんの女性への思いについては、上述のように彼女や妻、母親までに対して非常に強い感情を持っておられることがわかります。

このような女性への強い思いが「泉さんが女性にモテる最大の理由といえます。

このことが、彼が繰り広げているビジネスの中に現れているのです。ここからは、泉さんのビジネスをご紹介しながら、そこに「女性のことを考えておられる」彼らしさをみていきたいと思います。

よく「できる人は仕事と家庭のけじめをつけている」と言われますが、泉さんはあまりビジネスとプライベートな部分の区別をされていないようです。

この理由が、泉さんのビジネスの多様性にあるようです。

多くの著名人と親交を厚くされており、ネットビジネスだけではなく、小説家としてもかなりの力を持っておられます。

ミュージシャン「河村隆一さん」とも親交がありミュージックと小説のコラボも果たされています。

3-2.ビジネスの多様性・・・そこで出会う女性

さて、泉忠司さんの本業はコンサルティングです。

コンサルティングによってかなりの実績をお持ちです。このコンサルティング依頼において、女性が多いこととともに、彼自身がその多くを引き受けていることには注目すべきところです。

これは、女性への強い思いがあるからでしょう。女性にモテる最大の理由は、この女性への強い思いということになります。

3-3.女性へのこだわりの理由

3-3-1.女性の貧困問題に真剣に取り組む

では、どうして女性にそこまでこだわるのか。

それは、女好きだからという単純な理由ではありません。

そこには現在社会を見つめる泉忠司という人がいるからです。泉さんは、現在社会における「女性の貧困」を自分の力で何とかしたいという強い思いがあるからなのです。

彼のビジネスの根底にあることは「とにかく女性に稼いでほしい」という思いなのです。女性に対して懸命に取り組む姿には男性も努力してまねをしたいところでしょう。

3-3-2.教育への熱い思い

また、泉さんの動画にも注目すべきところもあります。

彼が育てた女性起業家と対談形式でビジネスについて語っておられる動画です。

中でも子育てという部分に絞ってみますと、泉さんが長年培われた「教育への思い」を熱く語っておられます。

女性である母親として、どれぐらい「子どもに愛情を注いでいるか」という視点でのお話は、女性にとって非常に興味深いもので、泉さんが語られる言葉に引き付けられるのです。

泉さんの女性への思いは『母となって、不幸にして離婚を余儀なくされた。そこに待ち受けるのが「貧困」・・・だからこそ助けたい』なのです。

このような思いは、上述しました彼女や妻、母に対する思いと重なってきます。

そういう彼の言動が女心をくすぐり、女性にモテることにつながっているのです。

3-3-3.泉さんを成功に導いたのはやっぱり彼女

ただ、だれもが泉忠司さんのようになることは難しいです。

というのも泉さんは高校時代の変容を見る限り「天才」といえるからです。

多くの方が努力によってつかみとる「成功」ですが、彼はがむしゃらに努力してつかみ取った「成功」ではなく、勉強のノウハウを編み出して「成功」されたのです。ただ、高校時代の彼女の影響は大きかったとはいえるでしょう。

3-3-4.女性へのコンサルタント事例

彼がここまでの人になったのは「彼女」の存在が大きかったことは上述しましたが、彼が今見せている女性への優しさが、彼のモテる理由としてあげられます。

次にご紹介するのは泉さんが女性の頑張りを後押しされた、プロデュースされた本です。女性のために尽くされる泉さんの一端が見えます。

「60歳に見えますか?」こんなキャッチコピーで一躍有名になられた田中優子さんです。

田中さんは美容整形を行わずに若さを保っておられます。

美容皮膚科医として「だれでも私のようにできる」とおっしゃっているのです。

それを泉さんプロデュースのもと書かれた本が「女医が教える老化を止める美肌術(扶桑社)」です。

泉さんは『女性が「いついつまでも美しく、若く見られたい!」という願望をぜひ実現してあげたいという思いで、メスを一切入れない田中さんの美貌に注目され「これは本にするしかない。」という提言でコンサルタントとしてアドバイスを積極的に行われたのです。

このことは、多くの女性にとっての大きな評判になったことは言うまでもありません。

このように、女性のために尽くす泉さんの思いが、多くの女性に認められて「モテる理由になっているのです。

リアルドラゴン桜・泉忠司さんまとめ

泉忠司さんはプライベートを多くは公表していませんでしたが、女性にモテる事まちがいなしですね。

もしも大成功者である泉忠司さんが妻をもらうとしたら、きっと素晴らしい女性を選ぶでしょうし、ツイートの通り、妻子がいるのなら仲睦まじく暮らしているのだと推測できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です