泉忠司の情報商材は最強?!厳選2選を徹底紹介!

情報商材といえば、「詐欺」の代名詞として有名になりつつあるほど、多くの詐欺であふれています。
実際には、非常に優れた内容のものも多く、すべてに「詐欺」のレッテルを貼るにはあまりにもったいないとも思われます。
情報商材とは、いわば成功者の成功のエッセンスが凝縮された「成功の種」です。
何も知らない人が一から成功を手にするのは、本当に難しいものですが、情報商材を学び、実践すれば、すでに成功した人の成功を追体験できるようになっているのです。
だからこそ、詐欺とか詐欺まがいのものではなく、質のいい情報商材を探さなくてはいけません。
自分にあったもので、質のいいもの。
そうした情報商材に出会えれば、誰でも成功を手にすることができるのです。
そこで、今回は、たくさんの成功商材を販売している「泉忠司」さんの情報商材を厳選して2選だけ詳しく紹介します!

1.情報商材を販売している泉忠司とはどんな人?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

泉忠司さんはすごい人です。
面白い経歴を持った方です。
そもそも酷い家庭に育ち、不良として名を馳せた学生時代を暮らしながら、一転東大を目指して勉強をはじめ、わずか6カ月で全国模試1位という快挙を成し遂げます。
それまでは、ろくに授業にも出なかった偏差値30の不良少年が、わずか6カ月で全国模試1位になるのです!
ところがですね、元カノに一緒に広島に来た欲しいといわれて東大を蹴り、広島で予備校生をします。
もったいない!
普通そう思いますよね。
天才はそう思わないんですね。
そこで泉さんは恩師と出会い、恩師のいる横浜の大学へ進学することになります。
その後、留学などを経験しながら、大学院を卒業。
大学の講師をしながら著作を出版し、俳優や音楽プロデュース、演出、様々なことにチャレンジされます。
とにかく才能の豊富な方で、どちらかというとインターネットビジネスではない「リアルビジネス」で成功を収められます。
その泉さんが、たまたまセミナーで一緒に講師をしたインターネットビジネスの権威にインターネットビジネスを教えてもらい、簡単に稼げることに驚愕したといいます。
それ以来さまざまな情報商材を販売されています。
とくに仮想通貨に関するものには、いち早く関わっておられ、その成果も莫大なものになります。

2.泉忠司は過去にどのような情報商材を販売してきた?

「億万長者量産プロジェクト」「仮想通貨バンク 革命的プロジェクト」「6000兆円プロジェクト」「Orchid」など、泉忠司さんが関わっている情報商材はものすごい数存在しています。
そのほとんどが「仮想通貨」に関わるもので、かなり仮想通貨に精通されているのがよくわかります。
さて、こうした仮想通貨のプロジェクトには、「ICO」と呼ばれるものと「全自動」の2つが多いように思います。
「全自動」は、仮想通貨の売買を最新のAIや、プロのトレーダーが24時間365日代わりに取引するというものです。
代わりに取引をしてくれるので、証券口座にお金を入金しておけば、どんどん利益を得ることができるというものです。
これに対し「ICO」とは、仮想通貨やトークンを使った資金集めに関するものです。
泉忠司さんの商材は、こちらの件であることが多いようです。

3.泉忠司の代表商材ADAコインとノアコインとは?

そこで、有名な商材の2選が「ノアコイン」と「ADAコイン」です。
そもそも「ICO」とは、何か新しいプロジェクトや起業するときに必要な資金を、仮想通貨やトークン(仮想通貨のようなもの。仮想通貨より発行が容易)を発行して集めようというものです。
ただし、いくら仮想通貨を発行しても、将来性がなければ資金が集まることはありませんよね。
そこで、泉さんのような仮想通貨に非常に詳しい方が「ここのICOは大丈夫ですよ」とお墨付きをつけて宣伝することで、一気に広まって資金が集まり、仮想通貨の価値は上がるという「win-win」な形を作るシステムなわけです。
泉忠司さんは、とくに「ノアコイン」や「ADAコイン」について、そうしたプロジェクトをされていたというわけです。

4.ADAコインとノアコインは結局稼げたのか?

泉忠司さんは、このノアコインのプロジェクトやADAコインのプロジェクトにおいて、なんと100億円もの収入を得たともいわれていて、泉さん自身は稼ぎまくったといえます。
泉さんが稼いだということは、資金も集まり、ノアコインやADAコインも価値が上がったことを表しており、それぞれの出資者もそれなりに稼いだといえます。
ノアコインについては、当初は0.57円、上場時10円、今年3月2.39円、現在0.12円となっています。
上場時には、当初価格から約20倍まで上がっているので、この間はかなり稼げたのではないでしょうか。
こうした案件は、タイミングが本当に重要です。
どうしても価値が高いままでずっと続くものはあり得ないからです。
この辺りは、やはり勘が鋭くなくてはいけませんし、経験や知識や相場をよむ目がなくてはいけません。

5.泉忠司の情報商材には対しての被害報告はある?

問題は「ICO」の性質にあります。
「ICO」というのは、まだ未知なるプロジェクトや起業する企業に対し投資を促すものです。
そうすると、そのプロジェクトが成功するか、企業が大きくなるかは、実際のところわからないのです。
信用次第です。
ですので、どうしても「詐欺」と言われやすい面はあります。
また、ノアコインの例でもわかりますが、こうした相場は上がったり下がったりするものです。
これは100%そうなのです。
なので、タイミングを間違えると「稼げなかった」「詐欺だ」と騒ぐ人は必ずいるのです。
そういう意味での被害報告というか、ネットでの酷評は相次いでいます。
ただ、ネットでの酷評には、「この商材は詐欺だがこれなら大丈夫」という論法でほかの商材を販売するようなものも多く、まったく宛にならない情報の方が多いので、本当に気をつけなければいけません。

泉忠司の情報商材まとめ

今回は泉忠司さんの情報商材を見てきました。
そのプロジェクトも、すでに終了しているものです。
なので、ノアコインも現在は値を下げています。
ただ、今後もし、泉さんのプロジェクトが出てきたとしたら、なるべく早く参加することが重要です。
ノアコインも、上場するまでが一番上昇しているので、最初がポイントでしょう。
そもそもノアコインとは「フィリピンの社会問題を解決して、経済成長を支援する」という「ICO」なのです。
こうしたプロジェクトなら喜んで参加したいものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です