「ユダヤ式不労所得プロジェクト」で検証!悪質業者の見極め方!

こんにちは。
AI技術は何かと話題になっていますね。
AIは、情報の収集・分析を得意としています。
人間が不得意としている計算を得意としているのです。
これらのことから、総務や経理などの数字やデータを扱う仕事、工場のライン作業などが自動化されていくとも言われています。
30年後には、ほとんどの仕事がAIに奪われるとも言われているのです。
それぐらい、AIに注目が集まっています。

また、2018年度もAIは大きな影響を与えました。
それが、AI技術を有効活用した投資の自動売買ツールの登場です。
これまでの投資の運用実績データを細かく分析していくことで、勝率をあげていくことができるようになったのです。
AIが搭載された自動売買ツールだからといって、必ずしも勝って儲けられるわけではありません。
しかし、勝率が高いことや初心者でも安心して投資を始められることから、自動売買ツールは大きな注目を集めています。

このようにAI技術がさまざまな場所で利用されること背景を逆手にとった、詐欺事件も増えています。
とくに、増えているのは、偽自動売買ツールです。
高額の商材料金を請求したのち、ツールを渡さずに逃亡する悪質業者が増えているのです。
このような悪質業者を見抜く方法はあるのでしょうか?ここでは「ユダヤ式不労所得プロジェクト」を題材にして、悪質業者を見抜く方法について紹介します。

AI時代の到来で世の中が便利になる時代の到来


AI(人工知能)の言葉を1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?これから、30年後には、すべての仕事がAIに代用されるとも言われています。
AIの得意分野は何かをご存知ですか?簡単にAIが得意としているものを列挙すると次のようなことが挙げられます。

【AIが得意としているもの】
・データに基づいた単純作業
・デートを正確に処理する作業
・デートを照らし合わせて共通点を見つけ出す作業

いかがでいたでしょうか?データの解析や分析は、人間よりもAIのほうが得意としている部分が多いのです。
人間の力だと、どうしても計算ミスなどが起きてしまいますが、AIは、そのようなことはありません。
これらの理由によって、あらゆる場所でAIが利用されていくのではないかと多くの人が、AIの可能性に興味を持っているのです。

2018年度の大きなAIの革命は投資


さまざまな可能性を秘めているAIですが、2018年度に大きなインパクトを与えたのは、AIによる自動売買投資ツールの登場ではないでしょうか?ウェルスナビなどは大きな注目を集めている自動売買ツールです。
ビッグデータを分析・解析することに強みをおいているAIの技術を最大限に活用して、投資で高い勝率を出すことができるのです。
実際に資産運用でウェルスナビをはじめとする、自動売買ツールを活用している人は多くいます。

AI時代到来を悪用した詐欺事件は増えている


AI技術の進化を有効活用することで、お金を大きく儲けられることは理解いただけたと思います。
しかし、気をつけたい点が、このような背景を逆手にとった詐欺事件が増えているということです。
AIを活用した詐欺とは、どのような詐欺なのでしょうか?ここでは、AI時代の到来に伴い増えると予測されている詐欺事件を紹介します。

AIが搭載されたシステム導入の営業

AIが搭載されたシステムは次から次へと登場しています。
法人に向けて「話題のAI技術が搭載されたシステムを導入すれば、作業効率が大幅にアップします」「売上拡大に大きく貢献します」などの甘い言葉を投げてくる営業も増えているのです。
このようなシステムの金額は、数百万円かかるケースもあります。
振込をしたにも関わらず、システムが届かないなどの被害も続出しています。
このようなシステムが、本当に便利なのかは利用してみなければわかりません。
多くのシステムツールには、トライアルが用意されています。
少しでも怪しいと感じたら、トライアルがあるのか確認しましょう。

投資家向けの自動売買ツール

さきほども説明した通り、AIはビッグデータの分析・解析を得意としています。
これまでの投資の運用実績を細かく分析・解析していき、勝率をあげていくことができるのです。
そのようなAI技術が搭載された自動売買ツールは多く登場しています。
信頼して利用できる自動売買ツールもあります。
しかし、ツールの使用代金として高額な初期費用を請求して、ツールを渡さないなどの悪質業者も存在しているのです。
また、自動売買ツールが偽ツールであったなどの詐欺事件も多発しています。
次に、実際に自動売買ツールの詐欺の事例を紹介します。

事件事例:AIトレード

日利最大0.4%獲得することができるとして大きな注目を集めていた自動売買ツール「AIトレード」は、詐欺でした。
運営会社がペーパーカンパニーであり、関東財務局より警告を受けているのです。
日本では、AIトレードに対して集団訴訟を起こす動きが出てきています。

THE HANABI PROJECT

人間国宝級とも賞賛される投資家「菅野健一」の頭脳を担う自動売買ツールで、日利35%獲得することができると謳っていたプロジェクトです。
THE HANABI PROJECTは、紹介サイトで架空の人物を捏造していて、詐欺であったことは判明した自動売買ツールです。
現在は、THE HANABI PROJECTに対して、集団訴訟を起こす動きが出ています。

AI物販システム「ユダヤ式不労所得プロジェクト」の魅力


近頃は、AI物販システムの「ユダヤ式不労所得プロジェクト」が登場しました。
ユダヤ人は知能指数が抜群に高く、ノーベル賞を受賞した約20%の人がユダヤ人となっているのです。
ユダヤ人には、富裕層が多いのも特徴。
そのようなユダヤ人の天才集団がAI技術を駆使して物販スキームを生み出したとのこと。
「ユダヤ式不労所得プロジェクト」とは、どのようなシステムなのでしょうか?もう少し、「ユダヤ式不労所得プロジェクト」の魅力を深堀してみましょう。

物販に関するすべての作業を排除することができる

物販では「リサーチ」「出品」「梱包」「発送」などの一連の作業があります。
これらの作業をすべて行うのは、結構時間がかかってしまうものです。
しかし「ユダヤ式不労所得プロジェクト」のスキームを利用することで、すべての作業を排除することができます。
だから、不労所得を受け取るだけでいいのです。

ユダヤ式不労所得は初期費用がかからない

株式投資や仮想通貨などで儲ける場合は、初期投資費用が必要になってきます。
しかし、初期費用を用意することができない人もいるでしょう。
そのような資金がない人に朗報です。
ユダヤ式不労所得は初期費用がかからないことが大きな魅力となっています。
また、即金性が高いことが最大の魅力です。
「お金がなくて、すぐにお金儲けがしたい」と考えている人に最適な自動物販システムなのです。

ユダヤ式不労所得を活用すると月収100万円稼げる

ユダヤ式不労所得を活用すると、お金を稼ぐことができます。
毎月100万円稼ぐことも夢ではないようです。

「ユダヤ式不労所得プロジェクト」の安全性を検証


ユダヤ式不労所得は、初期費用がかからずにお金儲けができるみたいです。
しかし、情報を安易に信じて申込するのは辞めましょう。
お金が取られなくても個人情報が盗まれてしまう危険性もあります。
ここでは「ユダヤ式不労所得プロジェクト」が安心して利用できるサービスなのか安全性を検証する方法について紹介します。

インターネットやSNSで情報を収集する

申込をする前に、インターネットやSNSで情報収集するようにしましょう。
インターネット上では「ユダヤ式不労所得」は危険であるという情報が出ています。
初期費用が0円ということをメリットにしている「ユダヤ式不労所得プロジェクト」ですが、この仕組みは「無在庫販売」のようです。
無在庫販売は立派な違法行為です。
違法行為に荷担しないためにも「ユダヤ式不労所得プロジェクト」に参入しないほうがよいでしょう。
「ユダヤ式不労所得プロジェクト」は、まだ登場したばかりのプロジェクトなので、気になる方はSNSなども活用して最新情報を入手していきましょう。

特定商取引法に沿ってサイト運営しているか確認する

ネットオークションの登場などもあり、誰でもインターネットで自由に売買できるようになりました。
通信販売でトラブルが発生しないように特定商取引法が日本国内の法律として存在しています。
特定商取引法のルールに沿って、ECサイトを運営すればトラブルが少なくなります。
大手企業ほど特定商取引法に沿ってサイト運営をしているのです。
「ユダヤ式不労所得プロジェクト」はどうなのでしょうか?まずは、特定商取引法の表記を見ていきましょう。

販売会社:株式会社ハーフウエスト
運営会社:秋吉拓真
所在地:大阪府枚方市楠葉並木2-22-1

「ユダヤ式不労所得プロジェクト」は、基本的な電話番号が書かれていません。
また、住所をGoogle mapで検索するとビルが出てきますが、何階に会社が所在するのか明記されていません。
会社概要を記載しない業者とは、取引しないほうがよいでしょう。

高額商材詐欺に遭遇したら「集団訴訟」を起こそう


自動売買ツールをはじめとする高額商材詐欺の被害にあったら「集団訴訟」を検討してみましょう。
集団訴訟は、さまざまなメリットがあります。
詐欺で騙されて泣き寝入りしてしまってもよいことはありません。
まずは、集団訴訟を起こすメリットについてみていきましょう。

弁護士費用や裁判費用を折半することができる

詐欺被害に遭遇をしたときに悔しい気持ちがあって、悪質業者を訴えたいと思う人もいるでしょう。
しかし、訴訟を起こすためには費用が発生します。
とくに弁護依頼する際は、案件にもよりますが数十万円かかるケースもあります。
詐欺でお金を騙し取られてしまった後に、弁護士費用は痛い出費になるでしょう。
しかし、集団訴訟を起こすことで、そのような悩みを解決することができるのです。
被害者同士で費用を折半するので、1人あたりの負担額が圧倒的に安くなります。
金銭的に困っていても、悪質業者を訴えることができるのです。

訴訟を起こす勇気が持てる

騙されて悔しい気持ちになっても、民事訴訟を起こすのは勇気がいるものです。
裁判の経験があるという人は少ないでしょう。
誰でも、はじめての経験は不安に感じるものです。
訴訟を起こす勇気が持てないために、訴訟を起こさないという人もいます。
しかし、集団訴訟を起こすと、そのような不安を払拭することができるのです。
被害者同士で集まり、力を合わして訴訟を起こしていきます。
1人ではなくて、大勢で訴訟を起こすので心強さを感じることができるでしょう。

被害にあった痛みを共有することができる

詐欺の被害にあったら経済的損失もありますが、精神的なダメージも受けてしまうものです。
周囲の人が心配をしてくれることもあるでしょう。
しかし、生真面目な人ほど「家族で貯めたお金をムダにしてしまった…」「周囲の人に迷惑をかけてしまった…」と自分を責めてしまいがちです。
自分自身を強く責めてしまうのです。

しかし、集団訴訟に参加をすると、自分以外の人も被害にあっていることがわかります。
「自分だけじゃなかった…」と思えることで立ち直ることができるのです。
また、騙された悔しさを共有することができます。

悪質業者の撲滅運動にもつながる

日本で集団訴訟は主流にはなっていません。
まだ、集団訴訟という方法を認知している人も少ないでしょう。
しかし、インターネットが普及した現代は被害者同士が簡単につなげることができます。
そのような時代背景から、集団訴訟を起こしやすくなったのです。
1人では訴訟を起こすことは勇気がいります。

また、費用も発生することから、多くの人が泣き寝入りするのです。
しかし、集団訴訟を選ぶことで、そのような負担を低減させることができます。
集団訴訟が増えていくと、悪質業者も「訴えられるのではないか…」と懸念します。
集団訴訟は悪質業者の撲滅運動にも大きく貢献するのです。

まとめ

「ユダヤ式不労所得プロジェクト」が詐欺であるかは確定できません。
しかし、特定商取引法に沿っていないことや無在庫販売の違法行為をしている可能性が極めて高いので、安易に申込みをしないほうがよいでしょう。
初期費用がかからないから安心だと思われるかもしれませんが、大事な個人情報が盗まれてしまうこともあるのです。
少しでも、不安に感じる業者とは取引しないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です