情報商材を販売する企業は、実際に存在するのか?

フィリピン

情報商材といえば、個人事業主で商材を販売して儲けている人が多くいます。しかし、商材を販売している個人事業主がいても、企業として情報商材を販売していることもあるのでしょうか。このページでは、情報商材を扱っている企業について、詳しく紹介します。

情報商材を販売している企業は、どのような会社なのか? また悪徳企業のような会社があるのか? 様々な点から詳しく解説をして掘り下げて行きます。

1.情報商材を販売している企業はどんな会社が多い?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

情報商材を販売している企業は、どのような会社が多いのでしょうか。一般的に多いと言われているのが、”情報商材を扱っている” or “個人塾を開業している人”が、開業しているケースが多いということです。

個人事業主として、情報商材のビジネスを始めた人が、法人化した方が税金や収入面で融通がきくということで企業化している場合がほとんどを占めているといっても良いでしょう。
このような会社を見つけたら、代表者の名前でとことん調査をしてください。おそらく、過去に個人で活動をしていた頃の情報が見つかるはずです。

1-1.情報商材を請け負って作成する企業はあるのか?

それでは、情報商材を請け負って作成する企業はあるのでしょうか? 可能性として0とは言い切れませんが、これらの企業のほとんどが、開業した人の知り合いで仕事をしているということです。積極的に請け負っているということではありませんが、付き合いで情報商材制作に携わっている可能性が高いと言えます。

情報商材ビジネスをメインでやっている企業は、元々情報商材を販売していた個人の成功者が多いので、積極的に請け負って作成している企業はほぼありません。

1-2.情報商材の販売を代理でやっている企業はあるのか?

それでは、販売を代理で行っている企業はあるのでしょうか? これも先ほどの企業のパターンと同じで、クライアントの依頼で、会社の利益にするために販売ページを作成したりする場合があります。ランサーズをはじめとしたクラウドソーシング系の求人を見ても、情報商材を販売する個人事業主が発注している求人を目にします。

ただし、ほとんどは情報商材の個人事業主が立ち上げた会社で全て業務をこなすことができるので、レアなケースだと思いましょう。

2.何度も詐欺商材を販売している悪徳企業は存在するのか?

残念ながら、詐欺商材を販売している悪徳企業は存在します。詐欺商材で大金を稼いだ販売者が開業した会社は、もちろん悪徳企業になります。しかし、ここ最近では巧妙になってきているのでしっかりした調査が必要です。それでは、どのような点に注意をして悪徳企業を見つけるべきなのでしょうか。

3.もしも情報商材を購入する時は注意!企業情報のここを確認!

情報商材を販売している会社が、悪徳企業かどうかよくわからないという時は、次のポイントに注目して見分けると比較的容易に判断することが出来ます。

3-1.ホームページに注目

会社のホームページをじっくり観察してください。ホームページとしてしっかりとした作りかどうかを判断することも重要ですが、ホームページを綺麗に作るのはお金をかけてしまえば誰でも出来ます。重要なのは、会社概要や代表者のページです。

会社概要や代表者ページに、住所、電話番号、資本金など会社として必要な情報がしっかり記載されているかを確認しましょう。この時、住所が明らかにマンションの1室であったたり、個人の家の情報が登場した場合は注意が必要です。

3-2.実績に注目

情報商材は、1人でも多くの人に購入してもらいたいので、実績を誇張させて宣伝させている場合があります。例えば、あるプロジェクトに応援要因で参加していたとしても、「メインでこのプロジェクトを動かしました」と宣伝することもあります。実績が素晴らしいものが羅列されていた場合、本当に、会社が実績を積んでいるのか? ということをしっかり調べましょう。

3-3.社長のフォロワー数に注目

会社の情報をチェックしても、怪しい箇所が見つからない場合、念のためSNSのフォロワーがどのような人がいるのか確認しましょう。いくらフォロワー数が少なくても、確かな実績があればその業界の人にフォローをされています。そのような動きがなければ怪しい企業だと思いましょう。

4.情報商材を販売している詐欺企業は株式会社よりも合同会社や合資会社が多い!?

また、詐欺企業は合同会社が多いと言われています。試しに、悪徳商材を検索するとその理由がわかります。
販売元が、合同会社や合資会社が多いことがわかります。商材ページの特定表記を見ると、このような会社の場合情報が全く無いのですぐに見分けることが出来ます。怪しいと感じたら、合同会社か合資会社かのチェックもしましょう。

情報商材販売企業まとめ

情報商材を販売する企業について紹介しました。まとめると、下記のようになります。
1、個人事業から法人化した会社が多い
2、悪徳企業もある
3、ホームページや口コミをしっかり確認した上で購入が必要
情報商材の9割は詐欺商材と言われているので、正しい知識がなければ誤って詐欺商材を購入してしまう可能性があります。このような事態を購入する際はしっかり検討した上で安全なものを購入するようにしましょう。
情報商材の企業をまとめました。情報商材を専門に販売している企業もありますが、正しい知識を持って良い企業が販売している情報商材を購入するように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です