売れる情報商材は「テーマ」がすべて!

情報商材で「一攫千金」を狙う人が増えているようです。
もちろん、簡単に作れてしまう商材が、数万円で飛ぶように売れるなら、誰でもそう思いますよね。
実際、情報商材の販売で億の金額を手にした「億り人」はたくさんいます。
その理由は、情報商材の「テーマ」選びにありました。
実は、情報商材にはいろいろな分野があり、むしろ「ないもの」を探す方が難しいくらいです。
アフィリエイト、仮想通貨、FX、ダイエット、健康、営業、語学、楽器の演奏の仕方、恋人の作り方、人間関係の築き方、はては車検を安く受ける方法まで、どんなものでもあります。
ただ、「売れる商材」は決まっています。
それは「誰もが悩んでいるテーマ」です。

1.情報商材を作りたい!どうやってテーマを決める?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

情報商材で儲けるには、誰もが「そうそう、これが知りたかったの!」と思うような「テーマ」を選ぶ必要があります。
誰もが関心を持っていることが一番のテーマとなるわけです。
そのため、「アフィリエイト」「仮想通貨」「FX」「せどり」など、誰でも簡単にお金を儲けることができる可能性のあるものが、圧倒的に高値で売れる傾向があります。
それ以外では、「ダイエット」「恋愛」など、やはり「誰もが関心を持っていること」が人気の「テーマ」となります。
ほかには、「ペットに関する内容」も人気が急上昇です。
ペットを飼う人は、「ペットには惜しみなくお金を使う」という人が増える傾向にあり、「犬のしつけ」や「犬語」などをテーマにした教材も売れています。
そのほかには、「お酒が飲めない人が酒豪になる方法」「30日でピアノが弾けるようになる方法」など、やはり一目で人を惹きつけるテーマが売れています。

1-1.自分の得意ジャンルと稼げるテーマのどちらを選ぶべき?

問題点もあります。
たとえば、売れるテーマといって「仮想通貨」を選んでも、自分が「仮想通貨」を全く知らない状態では、商材自体を作りようがないことです。
また、ネットで検索した程度の情報で商材を完成させたとしても、それが果たして売れるのかどうかということです。
結論から言うと、それでも「売れる」のが情報商材の面白いところです。
もちろん、中身のない商品は「売れ続けること」はありません。
それでも、売り方次第で売ってしまう人がいるのも事実です。
ただ、これにはかなりのテクニックがいるので、はじめて商材を売るのであれば、まずは自分の得意分野からはじめることをおすすめします。
商材の中には「弓道上達法」「テニス革命」「バトミントン上達の極意」など、自分の得意分野で商材をつくってそれなりに稼いでいる人もいます。
スポーツだけでなく、「イラストの描き方」「文章の書き方」「Line活用法」など、本当になんでも商材になります。

2.ほんの少しで売上が断然変わる!自分のプロフィールの作り方

では、何が売れる商材と売れない商材を分けるのでしょうか。
それは間違いなく宣伝です。
情報商材の宣伝には縦スクロールの長い宣伝や、メルマガで何回にもわたって広告する「プロダクトローンチ」という手法が用いられます。
みなさんも一度は必ず見たことがあると思いますが、読みだすと、引き込まれてしまい、申し込みたくなる衝動にかられます。
それには、プロダクトローンチ独特の文章構成の手法があり、そのために引き込まれてしまうのです。
とくに、プロフィール作りは重要です。
たとえば、テニスをしたことがない人がテニスの商材をつくっても、それは売れる要素がありません。
そこで、プロフィールでは必ずなんらかの「テニスに関わっていた情報」を書いておくことが重要です。
もちろん「虚偽」となってはいけません。
それでも、「25年間コアなテニスファンを続けてテニスを分析し続けてきた」程度のことは書いておきたいものです。
そのためには、やはりある程度自分の得意分野で勝負した方が売れるということは言えますし、あくまでも「アフィリエイト」や「仮想通貨」を題材にするなら、その分野である程度実績を作っておくことが重要でしょう。
過去の例を見ても、億の単位で儲けている人は、テーマの分野ですでに成功している人です。
たとえば、錦織選手や大坂選手がテニスの商材を作れば、それはやはり売れるでしょう。
ポイントは、自分の得意分野で勝負し、プロフィールにそれを明記することです。

3.見ている人を惹きつける!タイトルの付け方

タイトルづくりも重要です。
というか、「タイトルづくりがすべて」といっても過言ではありません。
タイトルで人目を引かない商材は売れることがないからです。
強烈な印象と、「見てみたい」という「衝動」をもたらすものがベストです。
そのため、「簡単」「誰でもできる」「絶対」などの言葉が多くなりがちですが、これらの言葉は誇大広告に当たるためNGでもあります。
タイトルは、「結論を完結に」表すことが重要。
さらには、「ベネフィット」を入れ込むことも大切です。
ベネフィットとは、その商材を学ぶことで、どういう自分を手にできるかということです。
ダイエットでは、「痩せる」ではなく「誰からも注目され、声をかけられることが多くなる」といった内容です。
お金に関することであれば、「儲かる」ではなく、「毎日の食事がワンランクもツーランクも上がります」とか「値段で決めず、好きなものを買えるようになる」など、その結果「こうなる」という内容を書いてあげることがポイントです。
そのためには、「ターゲット」を明確にしておく必要があります。

情報商材のテーマ選びまとめ

今回は、情報商材の「テーマ」選びについて考えてきました。
もちろん「テーマ」は重要です。
「お金」や「健康」「恋愛」に関する内容は、誰でも関心があり、売れやすいということは事実です。
ただし、得意分野ではじめることも一つの手段です。
プロフィールや宣伝に「この道のプロです」と書いておけば信頼も上がります。
また、タイトルは情報商材の最も重要な部分です。
ここで惹きつけない商材は売れないといっても過言ではありません。
どうしても「仮想通貨」や「アフィリエイト」で勝負するなら、やはりまずは自分が実績を作っておくことが重要でしょう。
誰にでも、「これだけは人に負けないくらい好き」というものがあるものです。
「アニメオタク」でも「フィギュアオタク」でも構いませんし、「アイドルオタク」でも構いません。
自分の得意分野で商材を作ってみることからはじめることをおすすめします。
それで成功すれば、今度はその体験を「情報商材で儲ける法」などで商材にすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です