野呂田直樹とはどのような人物なのか?経歴は?結婚しているのか?

みなさんは実業家の野呂田直樹さんをご存知ですか?

30歳という若さで創業1年のIT企業の代表を務め、年商10億円に到達させたとして、今ネットビジネス業界で、最も成功し、最も注目されている人物です。

また、コピーライターや俳優、モデル、格闘家などマルチに活躍しています。

しかし、実は3年前まではフリーターだったという野呂田直樹さん。どうやって年商10億円もの利益を生みだすようになったのでしょうか。

今回は野呂田さんの情報や経歴についてまとめてみました。

1. 野呂田直樹のwiki的情報をまとめました!

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

ではまず野呂田直樹さんのwiki的情報をまとめてみました。

カリスマ実業家の野呂田直樹は神奈川県横浜市出身の30歳で早稲田大学を卒業した秀才です。

そして、先述した通り、起業家だけでなく、俳優やモデル、格闘家、コピーライターとして数多くの業界で活躍しています。

自身の半生を描いた映画『Naoki~Time is Life~』がモナコで催された国際映画祭で特別賞を受賞したのです。

2. 野呂田直樹の経歴は?

では野呂田直樹さんの経歴はどのようなものなのでしょうか。

2-1. 幼少期からリーダー的な存在だった

野呂田直樹さんは幼少期は常にリーダー的な存在で、「戦隊ごっこ」では常にレッド役をやっており、いつも輪の中心にいるような存在でした。

小学校時代はスポーツ万能で、水泳や相撲、ソフトボール、バスケットなどさまざまなスポーツで活躍し、地元のソフトボールチームでは6年生でキャプテンになったり、バスケットでは部長になるなど、リーダーシップを発揮していました。

2-2. 自分自身を成長させてくれた野球部

中学・高校は野球部に入り、野球に青春時代を捧げました。

毎日練習に励んでいたのですが、大事な試合でエラーをしてしまい、監督の信頼を失ってしまい、その後はレギュラーになることができず、大きな挫折を味わうことになります。

これがきっかけとなり、野呂田直樹さんはコミュニケーション能力を鍛えるようになります。

特に高校時代では人間関係で失敗し、主観的な視点から客観的な視点に切り替えていきました。野呂田直樹さんは野球部での3年間、特に最後の1年間は大きく成長できたと言っています。

2-3. 社会人になってから…

早稲田大学を卒業後、ベンチャー企業に就職しますが、わずか9ヶ月で退職してしまいます。

その後、自分でホームページを作成したり、オンラインショップを開設している企業に集客力を伸ばすアドバイスをするなどして、現在はインターネットでのマーケティングやコンサルタントを中心に活動をしています。

今でこそうまく行っていますが、3年前まで定職に就かず、100万円以上もの借金を抱えるフリーターでした。

そこから大きく成長し、IT企業を経営し、年商10億の利益を出しながら、モデルや格闘家として活動するなどさまざまな業界で活躍しているのです。

2-4.ネットビジネスの経歴ゼロの野呂田は何故成功できた?

2-4-1.スポーツとビジネスの共通点

野呂田直樹さんは、小学校時代から多くのスポーツを経験しそれぞれの種目で結果を出してきておられます。ネットビジネスは、根気のいる仕事です。「根性」という言葉がぴったり合うのでしょう。スポーツとビジネスも通じるところがあり、「根性」も必要ですし、場に応じた判断力や知識とスキルもできる限り身に付けておいた方がいいのです。

野呂田さんはスポーツ万能だと言われ、その中のいくつかのスポーツにおいてレギュラーやキャプテン、部長を務められています。そういうリーダーシップ力は、一日にして身に付くものではなく生まれ育ったいろいろな経験がそうしているのです。ビジネスにおいても野呂田さんのリーダーシップ力は相当なものだと思います。学生時代に育ったそういう力は、今の野呂田さんの成功につながっているのです。K-1出場の経験もスポーツ万能という野呂田さんらしいことです。

2-4-2.稼げない人の気持ちがわかったこと

ネット業界に入った野呂田さんの始まりはホームページの作成だったようです。ホームページは今でこそ簡単にできますが、2010年代初めのころはまだまだアプリも開発が十分でないため、自力で作成することを余儀なくされていたのです。また、オンラインビジネスとしてネットショップも運営されました。

こういうホームページ作成やオンラインビジネスの勉強をされ、アドバイザーという役割をされるようになります。しかし、3年間集客が思うようにいかずアルバイトまでして生計を立てられていたようです。この失敗経験も成功経験につながったと言えるのです。「苦労」「稼げない人の気持ち」そういう経験が大成功された「コピーライティング」につながるのです。

2-4-3.パートナーとの出会いがあったからこそ

ネットビジネス成功に至った最大の要因としてあげられるのが「同士との出会い」でしょう。上村翔さんです。コピーライティング協会でのイベントにおいて、500人もの応募者がいる中で野呂田さんは表彰されています。そのイベントでもう一人表彰された方がおられます。それが上村翔さんなのです。

このお二人はこの表彰をきっかけにして互いの良さを出し合って、以後お二人が力を合わせてビジネスを始めることになったのです。お互いがお互いを認め合うパートナーとして、ブログ「のろかみ(野呂田さんと上村さん)」や「のろかみLINE@」などでお二人はビジネスについて遠慮なく本音で語り合っておられるのです。

パートナー1年目・・・お二人はプロジェクトを立ち上げられ4億円、のちには10億円もの売り上げを達成されています。奇遇な出会いで知り合い、お二人のビジネスへの思いが一致し、「もっと大きなプロジェクトを!」という野望までもが一致しているのですから、これからもお二人のビジネスに注目していきましょう。

3. 野呂田直樹の生年月日・誕生日

そんなネットビジネスで成功を収めた経営者の野呂田直樹さんは1987年5月21日生まれの30歳です。ちなみに血液型は0型です。

3-1. 野呂田直樹の星座について

この5月21日は1年の中でも変わった日でふたご座にもおうし座にもなるという日なのです。

ふたご座は物事に対していろいろな方面からアプローチをすることができるという才能を持っています。

人の心を操る能力に長けており、愛想が良い人が多いため、商売の才能や詐称の才能があると言われています。

また、好奇心旺盛で行動力があるのも特徴で、変化のあるものや状況に対して素早く反応する能力があると言われています。

4. 野呂田直樹は結婚している?彼女はいるの?

野呂田直樹は30歳で丁度結婚適齢期ですから、彼女がいたり、結婚しているのか気になるところです。

様々なSNSを開設しているため、どこかにその情報が載っていそうなものなのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

4-1. プライベートな情報は不明

野呂田直樹さんは早稲田大学卒業で年商10億のIT企業の社長という華々しい経歴を持っているだけでなくイケメンのため、彼女がいたり、結婚をしてそうですが、そういったプライベートな情報はありませんでした。

そのため、彼女がいるのか、結婚しているのかは不明でしたが、このような成功者がモテないはずはないと思います。だから彼女がいても、結婚していても何ら不思議ではないでしょう。

5.野呂田直樹のサイトTERAGOYAとは?

5-1.多くの人に新しい世界をみせること・・・それが「TERAKOYA」

代々木公園を一望できるオフィス・・・そこに、野呂田直樹さんがおられます。今会える経営者ということで、無料開放という形で勉強会を開催されているのです。野呂田さんは2018年に入って「2018年版、あなただけのサクセスストーリーの作り方」というテーマでセミナーをされています。そこで語られたのは、上述しました野呂田さんの経歴を含めた生き方です。野呂田さんは、その中で、「多くの人に新しい世界をみせる」と断言され「TERAKOYA」の存在をアピールされています。

5-2.「TERAKOYA」が目指すもの・・・それは共感

野呂田さんにとって「TERAKOYA」は共感の場なのです。参加者と共に毎回「野呂田オリジナル限定の講義」を聞くことができます。ここでもエンターテイナー野呂田直樹の神髄を見聞きすることができます。また、参加者の現状や悩みについて、即興で分析される、それが参加者全員で共有するという学びの場になっているのです。ですから、参加者のネットビジネスがどんな分野であっても関係ありません。必ず役に立つ情報を得ることができます。ここで、「TERAKOYA」参加者の感想をご紹介しましょう。

5-2-1.体験談:悩みを共有、そして解決へ

『定期的に開催される「TERAKOYA」の開催に感謝しております。私はネットビジネスで、アフィリエイトをしていますが、集客という部分で悩みを持っていました。ある方が「恋愛コンサルタント」について頑張っておられる様子を紹介されました。その中で私と同じように集客の悩みを述べられたのです。野呂田さんはその方に対して、「本音を語ってくれてありがとう」から始まって、「恋愛で悩む人の立場に立たないと集客はできない」ということを語られたのです。

私にとっても『アフィリエイトをただ単に行っているだけではなく「ブログ読者」の思いを知らなければ集客できない』と言われているように聞こえました。その時は聞くだけで終わりましたが、何回か「TERAKOYA」に参加しているうちに私の悩みも聞いていただく機会を得て、野呂田さんをはじめとして多くの人たちに共感をいただき、ビジネスの根本から考え直すきっかけになったのです。今私のビジネスは変わりました。

野呂田さんの指導・助言もあって、「集客」について根本的に考え方を変えてがんばっています。見違えるほど順調です。しかし、私のビジネスはこれで満足はしません。これからも機会あるごとに「TERAKOYA」に参加させていただき、多くの方の努力や悩みから学ばせていただきたいと思います。これも冒頭で申しましたが「感謝」です。ありがとうございました。』

5-3.「TERAKOYA」が作る仲間たち

ライティングを始めとして、自分と同じように人間関係やお金で悩む人、恋愛や仕事など悩む人が多いことに驚きながらも、それを自分のことのように心配していただき、アドバイスをしてくださる野呂田さんという人物には驚かされます。「TERAKOYA」で学ぶことが多いことがよくわかります。同じ種類のビジネスの仲間が多い中で、このように違ったビジネスの仲間と出会うことの意味、また年齢層が違うことにも意味があり、参加者の学ぶ意識が相当高いといえます。

このそれぞれの意識によって「TERAKOYA」のどこにもない空間が作られていると野呂田さんは言います。この「TERAKOYA」は、毎回限定10名とされていて、早めの予約が必要のようです。学生さんも主婦もサラリーマンも参加してお互いの意識が高まる場です。集まった方がプライベートでも仲の良い関係になられていることもあるようです。

5-4..野呂田さんの「TERAKOYA」への熱い思い

一般的なセミナーや起業塾と違ったところはまだあります。セミナーのプレゼンなどでよく使用されているのが、パソコンを使ったスライドや動画、パワーポイントなどです。また、そのスライドなどに合わせた台本というものも存在します。しかし、「TERAKOYA」ではそういうものがありません。

何もない中で「TERAKOYA」が成立しているところにも価値があります。「話すこと」で参加する「TERAKOYA」では、野呂田さんの前で頭の切れやアドリブ力が試されると言えます。これについて、野呂田さんは「疲れるでしょう。でも多種多様な人が参加してくることに意味があり、学びが深まり自分自身がもっと成長できる」と言われています。

それを野呂田さんは「柔軟スタイル」という表現をされています。これはすなわちビジネスの神髄と言えるのではないでしょうか。ビジネスにおいては順調な時もあれば悩むこともあります。そこで必要なものが「柔軟スタイル」です。このような縛られないノウハウを学ぶことができる「TERAKOYA」は参加する価値が大きいです。

野呂田直樹・まとめ

いかがでしたか?ネットビジネス界の若きホープである野呂田直樹さんについて少しわかったのではないでしょうか。

野呂田直樹さんはSNSでネットビジネスについてのノウハウを色々とアップしているため、少し読むだけでどうしたらいいのかや考え方を学ぶことができます。

30歳で成功した野呂田直樹さんがどのようにして成功したのかがきっとわかることでしょう。

もしネットビジネスで起業しようと考えているのであれば、野呂田直樹さんのSNSをチェックしてみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です