パンダこと渡辺雅典さんのMDITカレッジは安全?確認方法を解説!

こんにちは。
2018年は、電子決済が注目を集めていますね。
電子決済が広がりを見せつつあるので、投資家の人の中には「仮想通貨が決済方法として、採用されるのではないか?」と心を踊らせている人もいるのではないでしょうか。
実際に仮想通貨が、新しい決済方法として利用されるようになれば、仮想通貨の価値は高騰していくでしょう。

仮想通貨は価値が急高騰するものとして、投資家から大きな注目を集めています。
ビットコインで、大金を手にすることができた投資家も実際にいます。
ビットコインの価格の急高騰は、ニュースにも取り上げられ、大きな話題を集めました。
しかし、同時に価格が一気に急降下したり、価値がなくなってしまったりする効果もあるのでリスクが大きいです。
仮想通貨の投資によって、お金を失ってしまった人もいるでしょう。
仮想通貨の投資を始める人は、副業をするための知識や時間がなかったりすることが多いのです。

そのような人を対象に、簡単に稼ぐことができるノウハウを教えてくれる塾が登場しているのです。
そのような塾は信頼して入会することができるのでしょうか?ここでは、大きく稼ぐことができるとして有名なパンダこと渡辺雅典さんの「MDITカレッジ」を題材にして検証をしていきます。

仮想通貨の将来性

2018年12月には、電子決済を促そうと「LINEpay」が100億円をポイントで還元するキャンペーンが実施されました。
今後は現金支払やクレジットカード決済ではなくて、電子決済をする人が増えていくでしょう。
電子決済をすることで、その場で決済をおこなえて、ポイントも貯めることができるのです。
このような流れは、今後も広がりを見せるでしょう。
電子決済で利用されようとしている通貨が、仮想通貨なのです。
とくに、仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン技術は注目されているのです。

イーサリアムのブロックチェーン技術でできること


電子決済の魅力は、チャージをしておけば現金のように扱うことができます。
そして、ポイントも獲得することができるので、とてもお得に利用することができるのです。
しかし、何を購入したのか履歴を見ることができません。
イーサリアムのブロックチェーン技術が採用された場合は「決済時に何を購入したのか」「いつ購入したのか」などを表示させることができるのです。
また、個人間の送金の履歴も残ります。
このようなブロックチェーン技術は、大きな注目を集めているのです。

ブロックチェーン技術が採用されると、仮想通貨の価値は上昇する

ブロックチェーン技術の魅力は、理解していただけたでしょうか?電子決済のときに、取引の詳細まで履歴として残せることで、大きな注目が集められています。
また、個人間の送金もできるので外国への送金などに役立ちます。
そのような理由により、企業だけではなく、金融機関からもブロックチェーン技術は大注目を集めているのです。
もし、企業や金融機関が、仮想通貨の技術を採用した場合は仮想通貨の価値はグンっと上昇していくでしょう。

仮想通貨の価値は、跳ね上がる

企業や銀行が仮想通貨の技術を採用すると、再び、仮想通貨の価値は跳ね上がるとお伝えしました。
過去に仮想通貨は、どれぐらいの価値まで上昇したのかをご存知ですか?最初に登場して、大きな話題を集めたビットコインの価値をみてみましょう。
ビットコインが誕生した当時は、1BTCは0.01円の価値でしたが、2017年には、1BTCが240万円まで上昇しました。
一気にお金を儲けることができた人も少なからずいるのです。
このように仮想通貨は、他の投資ではあり得ないほど稼ぐことができる投資で人気を集めています。

多くの投資家が仮想通貨情報収集に積極的

仮想通貨で、大きく儲けることができると紹介してきました。
仮想通貨の投資で大きく儲ける方法には2つあります。
1つ目が、現在、上場している仮想通貨が企業や金融機関で利用されるのかどうかを判断して投資する方法。
2つ目が、新しい仮想通貨を購入することです。
新しい仮想通貨の情報はICOとして発表され、通貨購入者を募ります。
ICO情報を楽しみにしている投資家も山ほどいるのです。
仮想通貨も株と同じで、出資者が多ければ多いほど価値は上昇していきます。
だから、新しい仮想通貨が誕生したら通貨を購入したいと思っている人は、山ほどいるのです。

仮想通貨の投資はリスクが伴う


これまで、仮想通過の魅力を紹介してきましたが、仮想通過の価格は急落してしまう可能性も秘めています。
大きく稼ぐことができる一方で、通貨の価値が一気になくなってしまう恐れも秘めているのです。
また、セキュリティー対策などがシッカリされていないため、投資したお金が盗まれてしまう事件も多発しています。
仮想通貨には、そのようなリスクもあります。
実際に、多くの人が仮想通貨の投資をして初期費用を失っているのです。

「MDITカレッジ」で、ネットビジネスと仮想通貨の両方で大きく安全に稼ぐ

これまで、仮想通貨の魅力とリスクについて解説してきました。
仮想通貨を勉強して儲けたいけれど、やはり不安だと思った人もいるのではないでしょうか?そんな人にオススメな塾が、パンダ渡辺雅典さんの「MDITカレッジ」です。
MDITカレッジは、インターネットビジネスと投資によって、大きく稼ぎ出すサポート塾なのです。
多くの人が副業を始める理由は「本業の他に副収入が欲しい!」という動機でしょう。
しかし、本業に専念する時間が多くて副業に時間をかける時間がない場合は「投資」という選択をするのです。

しかし、投資にはデメリットがあります。
初期費用を投資すれば、必ず儲けられるわけではないのです。
損をしてしまうこともあります。
そのようなリスクを回避できるのが「MDITカレッジ」なのです。
「MDITカレッジ」は、インターネットビジネスによって、お金をつくりだします。
つくりだしたお金を投資に回すことによって、お金を増やしていきます。
なので「損をして、お金がなくなってしまった…」というようなリスクはないでしょう。

パンダ渡辺雅典の「MDITカレッジ」は、安心して入会することができるのか検証


仮想通過の魅力を解説してきたので、パンダ渡辺雅典さんの「MDITカレッジ」に入会したいと考えている人も、少なからずいるでしょう。
しかし、気をつけてください。
近頃は、インターネットでセミナーやノウハウを販売している悪質業者が増えているのです。
インターネットの普及によって、インターネットを通じた詐欺事件は多発しているのです。
インターネットで商品を購入する際は、本当に安心して取引することができるのかを検証してから、取引するようにしましょう。
ここでは、安心して取引ができるかを確認する方法について紹介していきます。

会社や個人の情報を検索してみる

「パンダ渡辺雅典」や「MDITカレッジ」の情報をインターネットで収集してみましょう。
今回の場合は、残念ながら、インターネットで過去に事件を起こしているという情報が出てきます。
だから、MDITカレッジに入会しないようにしましょう。
また、インターネットで情報収集ができない場合は、SNSがオススメです。
Facebookで、渡辺雅典さんを検索してみてもよいでしょう。

パンダ渡辺雅典さんは、ガンの末期ステージに入っており、多くの人に儲ける方法を最後に伝えたいというようなメッセージを残しています。
それが、本当であれば多くの人に募られているはずです。
認知度の高い人は、SNS上で人気を集めているでしょう。
また、Twitterもオススメです。
Twitterは、リアルタイムの情報を見ることができます。
実際にMDITカレッジに申し込みをした方のツイートを見ることができるかもしれません。
このように、契約する前に事前の情報収集は大切にしましょう。

パンダ渡辺雅典の「ドリーマーズ」で被害続出

パンダ渡辺雅典さんは、過去に「ドリーマーズ」を主宰していました。
ドリーマーズの会員になり、新たにドリーマーズ会員を勧誘すると1人につき100円の報酬がつくというシステムでした。
しかし、どんなに会員を勧誘しても報酬が貰えることはなかったのです。
そのあとに「勧誘が難しいようだったら、50万円投資してくれたら、紹介会員を100名つける」という提案を受け、50万円支払ったのに紹介会員は増えず、報酬がもらえませんでした。
50万円を騙し取られてしまった人は続出しているのです。

過去に「ドリーマーズ」のような悪質な事件を起こしているので、途中で音信普通になったり、報酬がもらえなかったりする可能性があります。
新しく「MDITカレッジ」を開講していますが、とても危険であると認識しておいた方がよさそうです。

特定商取引法に沿ったサイトを運営しているか確認する

本当に安心して取引することができるかを確認する方法として、特定商取引法に沿ってサイト運営がされているか確認しましょう。
特定商取引法とは、インターネット上での取引をする際に、トラブルを起こさないために設定された法律です。
大手の通信販売会社ほど、特定商取引法のルールに沿ってサイト運営がされています。
残念ながら、パンダ渡辺雅典の「MDITカレッジ」は、特定商取引法に沿って、サイト運営がされていません。
基本的な会社概要も記載されていないので、要注意です。
会社の電話番号やメールアドレスが記載されていません。
基本的な情報すら守らない企業とは、取引しない方がよいでしょう。

パンダこと渡辺雅典さんの「MDITカレッジ」の被害に遭った場合は集団訴訟を


パンダこと渡辺雅典さんの「MDITカレッジ」は、詐欺である危険性が非常に高いことがわかりました。
渡辺雅典さんは、過去にも「ドリーマーズ」というネットビジネス塾を開いていて、被害者が続出しています。
過去に、そのような事件を起こした人物でもあるので「MDITカレッジ」でも被害者は出るでしょう。
万が一、お金を騙し取られてしまった場合は「集団訴訟」を検討してみてください。
集団訴訟には、さまざまなメリットがあります。

弁護士費用や裁判にかかる費用を折半することができる

弁護士費用や裁判にかかる費用は、案件内容にもよりますが、数十万円かかることがあります。
高額塾にお金を支払った際に、弁護士費用も追加で出すことができる人は少ないでしょう。
実際に、多くの人が詐欺の被害にあって泣き寝入りすることが多いです。
しかし、集団訴訟を起こすことによって、事件の被害者たちで弁護士費用や裁判にかかる費用を折半することができます。
少ない費用負担で訴訟することができます。

訴訟する際の労力を減らせる

弁護士費用を払う余裕があっても、訴訟を起こした経験がない人は多いでしょう。
裁判を起こすとなると非常に勇気がいるものです。
1人で業者を訴訟しようとすると、精神的に大きな負担になるでしょう。
しかし、集団訴訟だと被害者が集まって訴訟を起こすことができるので、精神的負担などを最小限に抑えることができます。
少ない負担で相手を訴訟することができるのです。

被害にあった辛さを共有することができる

誰かに騙されてしまうとショックを受けてしまいます。
生真面目な人ほど、「家族が一生懸命稼いでくれたお金をムダにしてしまった…」と申し訳なさを感じてしまいます。
相手が憎いという気持ちもありますが、多くの人が騙されてしまった自分を悔いるのです。
集団訴訟に参加をすることで、被害にあったのは自分だけではないという自覚を持つことができます。
被害にあった辛さを共有することによって、辛さが緩和していきます。
集団訴訟には、そのようなメリットもあるのです。

まとめ


パンダごと渡辺雅典の「MDITカレッジ」は詐欺の可能性が高いことがわかりました。
インターネットの情報は、すべてを信じるのではなくて、事前に情報収集をしましょう。
インターネットやSNSの利用をオススメします。
また、特定商取引法に沿ってサイト運営がされているのかも安全なのかの1つの指針にしてみましょう。
もし、騙されてしまったら「集団訴訟」がオススメです。
費用面でも精神的な負担も少なくして、騙してきた相手を訴訟することができますよ。
ぜひ、検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です