巨大利権プロジェクトで検証!副業詐欺の見極め方について!

こんにちは。
2018年度は「副業解禁元年」とも言われていますね。
働き方改革の影響を受けて、一部の企業では副業が解禁されました。
実際に多くのビジネスパーソンが、副業に興味や関心を寄せています。

副業に興味や関心を寄せる理由は、さまざまでしょう。
将来的には、起業をしたいと考えて下準備で動く人もいます。
また、子育てをしている関係で、会社勤めができない女性も在宅ワークなどに興味を寄せているでしょう。
もっと多くの人が、本業とは別に副収入を得たいと考えているのです。

そのように広まりつつある副業ですが、その背景を逆手にとった副業詐欺も増え続けています。
悪質業者を見極める方法はあるのでしょうか。
副業が注目を集めているからこそ、見極め方法は身につけておきたいものです。
今回は「巨大利権プロジェクト」を題材として、副業詐欺の見抜き方をお伝えしていきます。
ぜひ、副業を検討している方は参考にしてみてくださいね。

副業を始めるにあたって気をつけたいこと

副業が注目を集めています。
本業とは他に副収入が得られるのは大きなメリットです。
また、本業とは異なるスキルや人脈を築くことができることも、副業の大きな魅力でしょう。
しかし、副業を行う上で注意しなければいけないことがあります。
ここでは、副業を始めるにあたって、注意したいポイントを紹介していくので確認してください。

副業詐欺が急激に増えていることを認識しよう

2018年度は「副業元年」とも呼ばれていて、一部の企業にはなりますが副業することが許可されました。
そのような背景を受けて、副業は注目を集めていますが、同時に副業詐欺は多発しています。
どのような副業詐欺があるのかを理解しておきましょう。

・ネットショップ詐欺
・資格取得詐欺
・仕事斡旋詐欺
・情報商材詐欺
・会員登録詐欺

これらは、副業をしたいけれど知識や経験を持っていない人をターゲットとしている詐欺です。
「この自動ツールを購入すれば、お金を稼ぐことができる」や「将来的に価値のあがる仮想通貨を教えてあげる」など言葉巧みに伝えて、お金を稼ぐことができると勧誘してきます。
入会してくれたら、入会費用だけを振り込ませて、姿を消していくのが副業詐欺です。
このような詐欺に騙されてしまった人は続出しています。

最初にお金を払う必要がある副業は、手をつけないようにしよう

仕事を始める条件として「教材費」や「登録料」がかかる副業は、絶対に手をつけないようにしましょう。
仕事が欲しい気持ちもわかりますが、仕事をするために初期費用を出すことは変な話です。
一般の正社員で働く場合であっても、道具やユニフォームが必要になる場合があります。
それでも、初期費用で掛かる費用は約1万円前後です。
それ以上、お金がかかってしまう仕事は、絶対に手をつけてはいけません。
お金を騙し取られてしまいます。

「PC不要」「クリックだけで稼げる」などの甘い誘惑に乗らない

知識やスキルがなくても、お金を稼ぐことができるという広告を見たこともあるでしょう。
このように、楽して稼げることは、とても魅力的で興味がそそられてしまいます。
しかし、このような広告の勧誘には乗らないようにしましょう。
インターネット上でも、このようなバナー広告を見かけますが、安易にクリックしない姿勢が大切です。
お金が取られることはなくても、個人情報が盗まれてしまって、悪質に利用されるなど被害が出る恐れもあります。

副業詐欺のメインターゲットは「主婦」

女性は、男性と比較すると通信販売などによる購買意欲が高く、広告に影響されやすい傾向があるのです。
悪質業者は、そのような心理を悪用しているため、メインターゲットは主婦として設定されています。

「育児も大変だけど、子供のためにお金を稼ぎたい!」

と思っている女性に対して、甘い言葉で誘惑をしかけてくるのです。

 

巨大利権プロジェクトで、毎月100万円の月収を手に入れることができる

副業詐欺が多発していることは理解いただけましたね。
本当に、副業の情報はさまざまなものがあります。
最新の副業では「巨大利権プロジェクト」というものが登場しました。
巨大利権プロジェクトで、必要なのはスマートフォンのみです。
巨大利権プロジェクトに入会をして、送られてくる動画やサイトをクリックするだけで、月収100万円を稼げることができる副業だそうです。

巨大利権プロジェクトは、副業として登場したばかりなので、どのようなビジネスモデルで収益を稼いでいるかが確認することができません。
しかし、自宅にいながらだったり、通勤時間を有効活用したりで、毎月100万円稼げることができたら夢のようですね。

【巨大利権プロジェクトの基本情報】
会社名:FINTECH ASIA LIMITED
販売責任者:YOSHIHITO MATSUMIYA
住所:ALAMEDA DR CARLOS D’ASSUMPCAP FL 03,FLAT MED. BRILHANTISMO GRUPO MACAU

巨大利権プロジェクトは安全なプロジェクトなのかを検証

スマホだけで。
簡単に月収100万円を稼ぐことができる巨大利権プロジェクトですが、このプロジェクトは安全なのでしょうか?それとも危険なのでしょうか?ここでは、検証の仕方を解説していきます。
副業を始める際に検証の仕方は役に立つと思うので、ぜひ、参考にしてみてください。

インターネットやSNSで情報を確認してみる

「巨大利権プロジェクト」が、果たして本当に安全なのかどうか、入会をする前に口コミや評判を確認してみることが大切です。
インターネットに情報がない場合は、SNSを活用するとよいです。
Facebookでは、その人が信頼にあたる人なのかどうかを確認することができます。
Twitterでは、リアルタイムの情報を入手することができるので、SNSは情報源として有効活用しましょう。

今回の場合は、「巨大利権プロジェクト」の主催者である松宮義仁さんが、過去に「フリーダムライフクラブというものを主催して、訴訟されていることが判明しています。
過去にも、多額のお金を騙しとっているので、安易に「巨大利権プロジェクト」に入会をしないほうがよいことがわかりましたね。

詐欺事件として扱われているフリーダムクラブとはなに?

※画像の人物は一切関係ありません。

仮想通貨は、価値がグンとあがる可能性を秘めているため、多くの投資家が注目を集めています。
現在、上場している有名通貨の価値変動の情報はもちろん、上場する仮想通貨の最新情報が欲しいという投資家も多くいるのです。
松宮義仁さんは自らを仮想通貨の開発者と名乗り、今後価値があがる仮想通貨を生み出したと発表したのです。
今後は上場する仮想通貨だとも説明していました。

そのようなことから、投資家は興味を湧かせてフリーダムクラブに入会。
新しい仮想通貨を購入していたのです。
しかし、価値があがることはもちろん、上場すらもしない仮想通貨だったのです。
仮想通貨には、価値の変動があるのは仕方がない場合もあるでしょう。
しかし、上場予定がない仮想通貨を上場すると言ってしまうのはいけないことです。
このような背景から、松宮義仁さんのフリーダムクラブは訴訟が起こされています。
弁護士事務所でも、フリーダムクラブの案件を専門で担当している事務所があるぐらい、被害者が出ているのです。

特定商取引法に反していないかを確認する

通信販売などは、お互いの顏が見えないまま取引が行われます。
文字だけの情報なので、誤解を与えてしまい消費者トラブルが発生してしまうことも少なくありません。
そのような背景から、日本国内では「特定商取引法」が法律として定められました。
特定商取引法のルールに沿って、サイトを運営していけば、消費者トラブルを防ぐことができるのです。
大手通信販売会社ほど、特定商取引法を守りながらサイト運営を行っています。

「巨大利権プロジェクト」は、どうなのでしょうか?巨大利権プロジェクトのサイトの最下部には、特定商取引法による表示というリンク先がつけられています。
こちらを確認してみると、会社名と代表社名、住所が書かれていますね。
特定商取引法の基本でもある電話番号やメールアドレスが記載されていないので、巨大利権プロジェクトは、特定商取引法のルールを破っています。

LINEを利用する取引には注意をしましょう

LINEの登場によって連絡が非常に便利になりました。
レストランやヘアサロンの申し込みもLINEでできるようになり、お得なクーポンやスタンプカードを利用している人もいるでしょう。
LINEでの申し込みに抵抗がなくなってきているのではないでしょうか。
しかし、インターネットで副業に申し込んだり、商品を購入したりする際にLINEを利用にすることに、違和感を覚えておきましょう。
レストランやヘアサロンは、店舗が実在します。
また、料金はサービスを受けた後に支払うものです。

個人情報がばれてしまいますが、なにかトラブルがあれば店舗に問い合わせればよいのです。
しかし、インターネット販売の場合は、トラブルがあったら店舗に問い合わせることができません。
キチンと会社の住所や電話番号、メールアドレスが記載されていて信頼できるなら別です。
しかし「巨大利権プロジェクト」のように、特定商取引法のルールを守っていない企業にLINEで問い合わせをするのは辞めましょう。
最悪の場合は、ブロックされてしまいます。

詐欺被害に遭遇をしたら「集団訴訟」を起こそう

「巨大利権プロジェクト」の主催者の松宮義仁さんは、過去にも悪質なビジネスを展開していることがわかりましたね。
このように、副業が注目されている今だからこそ、甘い誘惑で相手を騙す業者は増えているのです。
万が一、副業詐欺に騙されてしまったら、どうすればいいのでしょうか?今回は「集団訴訟」の魅力を紹介していきます。
集団訴訟を起こすことで、実にさまざまなメリットを感じることができるのです。
1つずつみていきましょう。

弁護士費用や裁判費用にかかる費用を折半できる

副業詐欺に騙されてしまった場合、相手を訴えたいと思っても、弁護士や裁判にかかる費用を出せなくて泣き寝入りする人は多いです。
副業詐欺でお金を騙し取られてしまっているので、弁護士費用で追加の出費は痛いでしょう。
しかし、集団訴訟は被害者が集まって、お金を出しあいます。
1人で訴訟を起こす場合は数十万円かかりますが、集団訴訟の場合は数千円から数万円で済みます。
少ない費用で、訴訟を起こすことができるのです。

集団で訴訟を起こすから安心感がある

相手を訴えたいと思っても、裁判などの経験がない場合は不安になるものです。
また、相手が悪い場合でも攻める行動は、よい気持ちがしません。
1人で訴訟をするかどうか悩んでしまう人も実際に多くいます。
訴訟をする際に不安はついてきてしまうのです。
しかし、集団訴訟を起こすと、みんながいる安心感を抱くことができます。
訴訟の経験がない人でも、安心して訴訟をすることができるのです。

被害の痛みを共感しあえる

詐欺被害に遭遇をすると、経済的な損失を被ります。
しかし、それ以上に精神的に傷つけられてしまうものなのです。
とくに副業詐欺のメインターゲットは「主婦」です。
生真面目な人ほど「旦那さんが働いてくれたお金を増やそうと思ったのに、逆に騙されてしまった…」「家族に迷惑をかけてしまった…」などと自分を責めてしまうことがあります。
自分は、なんて愚かなのだと自分を責めてしまうのです。

しかし、集団訴訟に参加をすると同じ被害に遭った人たちに会うことができます。
「自分だけが被害にあった訳ではないのだ」と実感することができて、元気を取り戻すことができるでしょう。
また、共感しあえる仲間たちを見つけることができます。

まとめ

「巨大利権プロジェクト」が詐欺だと断定したわけではありません。
しかし、松宮義理さんが過去にも詐欺のプロジェクトに携わっていたことがわかりました。
だから、巨大利権プロジェクトの危険さは理解いただけたと思います。
残念ながら、副業ブームを逆手にとった悪質業者は増え続けています。
残念ながら、情報社会となった現代は、自分の身は自分で守る時代です。
ここでは、副業詐欺の見極め方を解説してきました。
ぜひ、何事も申し込みをする前には慎重になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です